指輪買取 査定価格の付け方

ダイヤの付いた指輪買取の際、査定価格はどのようにつけるのでしょうか?まず、指輪の中心にあるダイヤのクオリティを調べます。

このクオリティでみるのが、4Cで、カラットのC、これはダイヤの重さ、カラーのC,これはダイヤの色、クラリティのC,これは内包物、カットのC,これはダイヤの形です。

この4Cに基づいて、査定価格をつけます。

その後、指輪の周囲にあるダイヤモンドのクオリティを調べて、値段をつけます。

周囲にダイヤがどれくらいあるか、質はどうか、形はどうか、輝きはあるか、傷はないか、といった点です。

その後、指輪の枠の貴金属の値段をつけます。

プラチナ製かどうかで、また値段は変わってきます。

最後に全体をみて、全体のデザインを評価します。

買取を前提に貴金属の査定をするなら、鑑定眼の良い須賀質店(HP:http://www.sugashichiya.com/ring/)がおすめです。

その指輪がブランドジュエリーかどうかでも値段が変わってくるでしょう。

このように、総合的に色々な角度から、審査をして、価格をつけます。

これが指輪買取の際の査定価格の付け方となります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright 指輪買取の耳寄りミュージアムwww.iklimatizace.info.